会長挨拶

第54代 羽曳野ライオンズクラブ会長 会長 濱屋 雅之
 今年度、先輩方が築いてこられた伝統と歴史ある羽曳野ライオンズクラブの会長という大役を務めさせていただくにあたり、本当に身の引き締まる思いがいたします。2018年度は、同クラブのスローガンを『創造と挑戦』~地域へ
We Serve~とさせていただきました。これは、羽曳野市を中心に地域に根ざした活動をしながらも、今まで積み重ねてこられた先代の教えに学びつつ、何事にもチャレンジし新たに創造していくという意味を込めて考えたものです。羽曳野市に無くてはならない存在として、地域のすべての人々に貢献するため
継続事業はもちろん、新たな収益事業にもチャレンジしたいと思います。
 また、羽曳野ライオンズクラブのメンバーの一人として所属しているということの誇りと個々の関係性を深めるためにも、例会時に各々メンバーの業務の紹介やどのような事を目指して仕事をしているかなど、職業に対する熱い思いを語っていただくような機会も設けてまいります。
 決して人が少なくて先細りしていくのでは無く、同じ志を持った仲間を増やしていき、マンパワーを更に充実させていければ幸いです。
 最後になりますが、常に視野を広げ前向きにひたむきに精進してまいりますので、今後も引続き変わらぬご指導ご鞭撻を賜り、ご支援ご協力をいただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。
 

第54代 羽曳野ライオンズクラブ
会長 濱屋 雅之