会長挨拶

 就任挨拶
 このたび、本年度会長に就任させていただくこととなりました。
 数年先には60周年を迎えようとしている歴史ある羽曳野ライオンズクラブが、節目の年を良い形で迎えられるように、その土台をつくっていくお手伝いができればと思っております。私に多くの素晴らしい出会いをもたらしてくれ、貴重な経験をさせていただいた本クラブへの感謝の気持ちを示すべく、会長として尽力していく所存です。
 さて、昨今、日本国内のみならず世界中で未曽有の事態が多く起こっています。特に新型コロナウイルスは、経済活動をはじめ、私たちの生活に大きな変化をもたらしました。
 本クラブ内におきましても様々な行事や例会が中止となり、これまでのように活動することが難しくなっております。
しかし、こんなご時世であるからこそ、もう一度会員同士の結びつきを強固なものに立て直していくことが必要ではないかと思います。
 そんな思いから今年度は「友愛の絆を深め合い ひとつになろう “We Serve”」をテーマとして掲げさせていただきました。
ソーシャルディスタンスという新たな常識が生まれましたが、心の距離はより近く、年齢や立場に拘らない風通しのよい関係を築いていければ幸いです。
 社会が新たな生活様式を見出す中で、私たちも変化を恐れず、自分たちにできることを新たに模索していきたいと思っております。
 とはいえ、私1人の力では心許ないことも多くあるかと思います。その際には皆様に様々な面でご協力いただくこともあるかと思いますが、何卒ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

 

第58代 羽曳野ライオンズクラブ
会長 愛知 浩